キャバドレスってどうやってお手入れすればいい?


キャバドレスのお手入れ法は「自宅で洗濯する」「クリーニングに出す」のどちらかで対応できます。

まず、自分のドレスの「洗濯表示」のタグを確認してみましょう。
普通にジャブジャブ洗えるドレスならば、洗濯機のマークが表示されています。

しかしながら、キャバドレスの場合には、そういう素材で作られていることはまれでしょう。
だいたいのドレスが「手洗い」もしくは「クリーニング推奨」です。

洗濯表示に「手洗い」の文字がある場合、手で優しく洗う必要があります。
ぬるま湯で優しくこすり洗いをして、水気を絞り、干しましょう。
ただし、洗濯機によっては「手洗い」コース(「ドライ」コースや「ソフト」コースと表示されている場合もあります)を選べば自動で優しく洗ってくれますので、うまく使いこなしてください。


自宅で洗濯できるキャバドレス、洗う時のルールとは?


キャバドレスの洗濯の基本は、以下の通りです。
  • 色が濃い目のドレスは色落ちする可能性があるので、他の衣服とは別で洗う
  • 洗濯用のネットに入れて洗う(そのまま洗濯機に入れない)
  • ビーズやスパンコールなど繊細な装飾がついているドレスは、丁寧に手洗いするかクリーニングを選ぶ
もうひとつ気を付けたいのが、洗剤の選び方です。
キャバドレスを長持ちさせたいならば、ダメージケア洗剤を選んでみて下さい。
「おしゃれ着専用」洗剤と表記されることもありますが、「エマール」や「アクロン」がおすすめです。
ガンコな汚れ(油や血液のシミなど)をキレイに落とすことは難しいですが、生地の縮みや色あせを防いでくれます。

ただし、こういった洗剤でも繊細な生地(シルクやレーヨンなど)で作られているドレスや、皮革やファーが使われているものは家で洗うことはできません。
必ずクリーニングに出してください。
また、スーツ素材のものは型崩れしてしまうので、自宅での洗濯はあまりおすすめできません。
キレイに着こなしたいならクリーニングが無難です。


ドレス丈やファスナー壊れなどのお直しは、専門店へ!


それでは、ドレスのお直しはどうしたらいいのでしょうか?
  • 「ドレスの丈が長すぎる!」
  • 「デザインは気に入っているのに、サイズ感がぶかぶかだから合わせたい」
  • 「ファスナーが壊れてしまった!」
こういうドレスのお悩みは、自分で解決することはほぼできないでしょう。
キャバドレスのお直しの専門店に出すことをおすすめします。
専門店ならば、丈や肩ひも、脇部分をつめたり、ファスナーを交換したりすることができます。

ただし、ドレスの状態によってはもっとお金がかかることもありますから、まずは電話で、もしくはお店を来訪して現物を見せながら相談することをおすすめします。


ドレスの装飾は、自分で応急処置のお直しをすることもできる!


では、お気に入りのドレスだったのに飾りがとれてしまった!こういう場合には、どうしたらいいのでしょうか?
大きな飾りがぽろっと取れてしまっただけならば、自分で付け直すことは可能です。

ですが、ビーズやスパンコールのような飾りは、1本の糸でつなげて作ってあるので、1個とれたらそのまま他のものもとれてしまう可能性があります。
ほどけた糸が見えているならば、裏地の側に引っ張って糸を結んでおく必要があるでしょう。
とれてしまったものは別の糸で付け直せばOKです。
しかし、無理をせずに専門店に相談するもの方法のひとつです。